KUBO Atsuhiroによる最近のブログ記事

11 月 5 日 (金), 6 日 (土) に大阪南港 ATC にて KOF2010:関西オープンソース2010 が開催されます。Piece Project は 11 月 6 日 (土) の 17:00 から フレームワーク・ツールによるPHPプログラムの自動テスト と題したセッションを開催します。

さらに同日 19 時より懇親会 第3回関西IT勉強宴会+Piece Network 5 を開催します。

タイトルのとおり、6 月 18 日 (金) から 6 月 20 日 (日) にかけて、Piece Project 主催のハッカソン Piece Network 3 - Hackathon in Sayo を開催します。

3 月 13 日 (土) 神戸市産業振興センターオープンソースカンファレンス2010 Kansai@Kobe が開催されました。本編 500 人、懇親会 150 人もの方が参加され、大変活気のある素晴らしいイベントでした。参加されたすべての方々に御礼申し上げます。

先日 MakeGood 0.2.0, Stagehand_TestRunner 2.10.0 をリリースしました。Stagehand_TestRunner 2.10.0 では SimpleTest サポートが大幅に強化され、JUnit XML ファイル出力をはじめ、これまで PHPUnit のみサポートされていた機能のほとんどが使えるようになりました。MakeGood 0.2.0 ではこの成果を使って SimpleTest がサポートされました。

11 月 6 日 (金), 7 日 (土) に大阪南港の ATC にて 関西オープンソース 2009 が開催されます。私たちも 7 日の 15:00 から Eclipse + PHP + TDD = MakeGood! と題したセッションでお話しいたします。

先日、今年の 1 月以来となる Stagehand_TestRunner の最新バージョン 2.7.0 のリリースを行いました。コマンドラインのテストランナーを提供するこのプロダクトは、テスト駆動開発 (TDD: Test Driven Development) をより快適にすることを目的としています。

今回は Stagehand_TestRunner の特徴と使い方をご紹介いたします。

最終更新日: 2010 年 2 月 13 日

RedmineTrac などのプロジェクト管理システムを使う場合、チケットという単位で機能や不具合、タスクなどを扱うことになります。また、コーディング規約など常に気を付ける必要があることについては Wiki ページに書かれているのではないでしょうか。

では、チケットや Wiki ですべて問題ないかというと、そんなことはありません。例えば、チケットとして登録するには粒度が小さすぎるものや漠然としたもの、プロジェクトをまたがって確認したいものがあるでしょう。また、ソフトウェア開発を行っている場合、チケットとして登録済みのある機能を実現するために、実装する必要があることや気づいたことをその都度メモしたり、更新したいと思うかもしれません。このような要求は ToDo リストで管理できると便利です。

そこで、専用の ToDo リストプラグインの出番となります。今回は Redmine のプラグイン Redmine Todo Lists plugin をご紹介します。

2003 年 2 月 19 日 の 0.1 リリースから 6 年、2009 年 6 月 23 日に Net_UserAgent_Mobile 1.0.0 をリリースしました。これは Net_UserAgent_Mobile の初めての stable (安定版) リリースとなります。

CVS は古くから使われている ソフトウェア構成管理システム (またはバージョン管理システム) です。CVS より後の世代である Subversion がすでに広く使われており、gitMercurial が普及の兆しをみせてきた今となっては、CVS が新しいプロジェクトで採用される機会はほとんどないといえるでしょう。

しかし、CVS を使っている既存のプロジェクトは依然として存在しています。残念なことに PEAR はその一例であり、筆者が開発している Net_UserAgent_MobilePEAR の CVS リポジトリにあります。今回は Net_UserAgent_Mobile を例に、CVS リポジトリを git の共用リポジトリへ移行する手順についてご紹介します。

2009 年 5 月 11 日 の 1.0.0RC2 リリースから 1 年 2 週間、2009 年 5 月 25 日に Net_UserAgent_Mobile 1.0.0RC3 をリリースしました。1.0.0RC2 同様に今回も 1.0.0 のリリース候補の更新となりますが、その内容を簡単にご紹介いたします。